ワーママのブログ

働くワーキングママさんの本音を本ブログで自由に公開しています!コメントもご自由にどうぞ。

外で仕事が難しいワーママさん向けに在宅ワークに関する情報もコチラで発信しています!詳しくはコチラ→おすすめの在宅ワーク

コールセンターの勤務時間=要相談は実際にどう?主婦にとってメリットは?

f:id:forallworker:20200418130102p:plain

主婦にとって、コールセンターのお仕事は魅力的に感じると思います。

たいていの場合、勤務時間が要相談になっていますよね。実際はどうなのか、私が経験したコールセンター業務をお話ししたいと思います。

基本情報

所在地 東京都立川市
コールセンター 四谷大塚

初めてのコールセンター勤務

私はパート採用でコールセンターのお仕事を始めました。

きっかけは勤務地が自宅から近かったので、通勤時間が楽だと思ったからです。これはとても助かりました。

採用されてからのおおまかな流れは、マニュアルを渡されるので、ザックリ頭に入れて、あとはどこに何が書いてあるかわかるようにしておく、というだけでした。

次にベテランパートさんの電話のやりとりをモニタリングさせていただき、その後、ロールプレイングを繰り返してすぐ実践!!でした。

コールセンターで上手く働くコツ

受信のみの業務だったこともあり、問い合わせが多い内容だったので、分からなかったときは「少しお待ちいただけますか?」と「確認して折り返しご連絡いたしますので、ご都合をお聞かせください」の2パターンで切り抜けられました。

最初はその程度で充分でしたが、そのうち自分で調べてお答えしたり、自分が判断して対応を決めたりしなければいけなくなりますが、自分では出来ないことを明確にしておけば、ミスをしたり間違った回答をすることはありません。

社員さんに相談しなければお答えできないことなどは調べてもわかることではないので、サクッと折り返しの旨をお伝えすれば問題ありません。

また苦手なことは少しずつ覚えていき、ベテランの方に確認をお願いするようにしていけば、お仕事がストレスになるのを避けることができると思います。

パートといってもお仕事としての責任はあるので、周りの方に助けていただいたり、逆に自分ができる範囲でお手伝いしたりすることで、人間関係も上手くいきます。

コールセンターの働き甲斐

一番嬉しかったのは、お客様からのお電話で、ご指名をいただいたときでした。

コールセンターでは、何人もスタッフがいるので、電話が誰に繋がるか分かりません。

ですが、何度かお電話でのやり取りをしたことがあったり、対応に満足してくださったお客様から、『○○さんに代わってください』という指名を自分が受けたときはとても嬉しかったです。

勤務時間が要相談って実際にどう?

私は基本9時から16時までの勤務でしたが、同じ主婦の方が多く、この時間帯の勤務の方が多かったです。

時々、13時からの遅番も頼まれましたが、できる日はやるようにしていました。

基本的にシフト制で出勤できない日をあらかじめお伝えしておき、社員さんがシフトを組んでくださるというシステムだったので、ツライと感じたことは一度もなかったです。

コールセンターの求人に勤務時間=要相談とよく見かけると思いますが、実際に勤務時間に関して融通が利くことが多いです。

子育てしながら働く主婦の方にはメリットが大きいのではないでしょうか。

自宅の引越しに伴い、このお仕事は辞めることになってしまいましたが、引っ越さなければ続けていたと思いますし続けたかったです。

コールセンターのお仕事に不安を持っていらっしゃる主婦の方もいらっしゃるかもしれませんが、周りにも同じ主婦の方が多い職種なので助けていただけることが多いですし、主婦にとって取り組みやすいお仕事だと思います!!