ワーママのブログ

働くワーキングママさんの本音を本ブログで自由に公開しています!コメントもご自由にどうぞ。

外で仕事が難しいワーママさん向けに在宅ワークに関する情報もコチラで発信しています!詳しくはコチラ→おすすめの在宅ワーク

イトーヨーカドー試食販売体験談 | メリットから面倒なところまで詳しく解説

f:id:forallworker:20200418135415p:plain

横浜市に住む主婦(38歳)です。1日での短期バイトに登録して、試食販売を経験したことがあります。1日のバイトでもすることができるので、楽しみながら、できています。

基本情報

所在地 神奈川県横浜市
店舗名 イトーヨーカドー

派遣先の決定

派遣先と仕事が決まったら、メールで詳細を受け取ります。当日の集合時間や場所を確認します。スーパーに集合のなどの日は、担当者の名前なども確認が必要です。

当日の流れ

仕事先へは直接いくときと、派遣先に集合のときとその場合によって変わります。集合場所へ向かい、派遣先の時は、数人一緒にいく場合もあり、安心です。

一人でいく場合は、派遣先のスーパーでまずは担当者を伺います。担当者から、その日の仕事に必要な道具の場所や設置場所について説明を受けます。開始時間などは、到着時に派遣会社に電話したりして届けます。

試食販売開始

試食の準備を自分で始めます。開店準備中だとみなさん忙しいので、コンセントなどが見つからない場合などは、近場のフロアーの方に伺います。

準備ができたら、お客様に声がけをして開始です。始めは緊張しますが、だんだんと声をかけることになれていくので、大丈夫です。

お昼休憩はとってもいいのですが、特に指示があるわけではないので、自分で勝手にいって戻ってきます。

試食の道具は設置したままでも大丈夫ですが、温めていたりすると危険なので、簡単に片しておきます。

終了

用意した食材がなくなれば終了です。道具を片付けれる(洗い物ができる場所)などを担当者に確認して、片付けて帰ります。このとき入館証などは持って帰らないように注意します。

終了報告

派遣会社に終了の連絡をいれて、時間を報告して終了です。私がいたところは、当日か、2週間で給料をもらいたいかを選べたので、2週間ごとにして、毎回寄らないで済むようにしていました。

試食販売のいいところ

付き合いを気にせず、自分のペースで仕事ができるのがよいです。休憩も自分できっちりと取れます。笑顔と声を元気にだせるので、1日があっという間に終わります。

一度列ができると、大変ですが、みなさんが楽しんでたべてくれて、感想をもらえるとうれしくなります。

面倒なところ

派遣先によっては、担当者があまり把握しておらず、どの人に説明を聞けば良いかわからないこともありました。やることはどこでもあまりかわらないので、場所や道具を一つ一つ相談すれば、なんとかなります。

あとは、時間管理が曖昧になりやすいので、注意が必要です。きっちりしているところは、担当者がみているので、遅くまで帰ってこないと報告されてしまいます。

仕事をするには

好きなときに好きなだけ仕事したい人に向いていますが、最近は週末だけなどがおおくなってきました。

昔ほど買っていってはくれなくなりましたが、お子さんに渡せる商品のときは楽しいです。自然と会話が生まれやすいです。

足が冷えやすかったり、同じ場所に立っているので、足元の用意はきっちりとした方が良いです。靴選びも大事です。